会社概要

Company Profile

社名有限会社 若松屋酒店
代表小林 利彦
所在地〒175-0082
東京都板橋区高島平5-53-2
TEL 03-3938-7209
FAX 03-3975-9136
事業内容日本酒、焼酎、その他酒類、食品等、小売販売
創業1972年(昭和47年)11月
資本金300万円
従業員5名(パート、アルバイト含む)

沿革

History

1972年

初代 小林吉次が中野で営んでいた燃料店を移転し、新しく誕生する町「高島平」で酒販店として創業。高島平の近く、成増、大門が、初代の妻、重子(旧姓 久保)の出生の地。「若松屋」は燃料店時代の屋号。
創業当時はビールやジュース、食品、お菓子、灯油なども販売する町の酒屋で、日本酒は吉次の出身が新潟県であることから「朝日山」を主に販売。

1986年

朝日山を主として販売していた縁で、朝日山を造る朝日酒造様が立ち上げた新ブランド「久保田」の特約店にお声掛けを頂く。
東京で初期の特約店として久保田を販売するとともに、地酒の販売に注力。

1988年

二代目 小林利彦が代表に就任。以降、若松屋のルーツである新潟の酒を中心とした「地酒専門店」に業態を転換。

1996年

地酒専門店たる店構えを目指した新店舗が完成。

2017年

三代目、小林健太入社。
地元 高島平、板橋区、和光市と、今まで以上に地元の人に愛されるお店造りを心掛ける。
地元に日本の酒ファンを増やすための取り組みとして、試飲や酒の会などのイベントを開始。

2019年

高島平を盛り上げるための取り組み「高島平ビールプロジェクト」を立ち上げ。

三代目 小林健太 自己紹介
三代目

・S57 板橋区高島平にて、若松屋酒店の長男として産まれる
・高島第三小学校、高島第三中学校、都立北園高校、立教大学経済学部を卒業
・H17 アビームコンサルティング株式会社に入社
・H28 家業を継ぐため会社を退職 約1年間、日本全国の酒造現場を訪ね、日本酒、焼酎、ワインを勉強
・H29 若松屋酒店に入社

趣味:飲むこと、バンド、野球、ゴルフ(練習中)
店舗の目標 : 長いお付き合いができる店、日本の酒を広める店
酒類の資格 : 酒匠、日本酒学講師、唎酒師、焼酎唎酒師(SSI)、SAKE DIPLOMA(J.S.A)、ワインコーディネーター(ANSA)、ビアテイスター(JCBA)
その他   : saketimesなどでライターとしても活動中