甲類焼酎は澱粉質原料、糖密を糖化発酵させた液や粗留アルコールを連続

式蒸留機(パテントスティル)によって蒸留し、90〜95%の純粋アルコール

を加水して36%以下に調整したものです。アルコール以外の成分をほとんど

分離除去するため、ほぼ純粋のアルコールを取り出すことができます。

したがって無味無臭、無色透明なものとなります。
 
 乙類焼酎は本格焼酎とも呼ばれ、酒税法によると「連続式蒸留機以外の方

法によって蒸留したもので、アルコール度数が45度以下のもの」となってい

ます。乙類焼酎は約500年前から沖縄、九州を中心として各地に米、芋など

澱粉質原料に麹を使って糖化発酵させ、単式蒸留機(ポットスティル)によ

って蒸留して作る方法であり、それぞれの産地によって独特の風味を出して

います。これは、単式蒸留機が単純であるため発酵モロミの中のアルコール

以外の成分が完全には除去されず、原料の特性、持味、発酵技術の相違など

が、製品にあらわれることと、貯蔵している間に成分が化学反応を起こし、

品質が多様に変化するためです。

甲類焼酎と乙類焼酎の違い