日本酒の肴によい食べ物
 日本酒を飲むときの食べ物は、高たんぱく、低脂肪のものがいい。

なぜたんぱく質がいいのか?

こわれた肝細胞を再生するのにたんぱく質が必要だからであり、

アルコールの代謝能力を低下させないためにも、たんぱく質の補給はとても大切です。

 具体的に高たんぱくの食品といえば、豆腐や豆類、卵などが代表的ですが、

焼き魚やきのこ類もいいです。

しかし、高たんぱくや低脂肪のものばかりではあきてしまいます。

そんな時、鍋物は具の種類も豊富で、栄養がバランスよくとれるので、

酒の肴としては最高です。