奈良の世より愛されし実のあると言う

 梅が原産地である中国から日本に伝わってきたの
は、約千五百年前の奈良時代とされています。
 平安時代には、村上天皇がご病気の際に、梅干しと
昆布を入れたお茶を飲んで回復したという記録も残
っています。その後、鎌倉、戦国時代を経て梅の実の
加工技術も進み、江戸時代の頃には梅酒が作られる
ようになりました。
 秘蔵梅酒は「奈良・王隠堂」の新鮮な青梅を、傷をつ
けないよう一粒一粒丁寧に手もぎし、さらに国内で
は希な「本格焼酎」で仕込み、じっくりと長期間熟成
させました。
 凝縮された梅の実のエキスと長期熟成ならではの
とろりとしたコクのある味わいをご堪能下さい。
※香料・着色料等の添加物は一切使用していません。

秘蔵梅酒に使用する青梅は、紀伊半
島の奈良県、吉野郡地域循環型農業
を推進する農業生産法人(有)王隠堂
農園で特別栽培(減農薬)により丹念
に育てられた主に白加賀という品種
の梅を、傷をつけないように一粒一
粒丁寧にもぎ取り、厳選されたもの
を使用しています。

小正醸造発行 「一意専心 焼酎一筋」より

消費税込み

アルコール度数17度

2,100円

720ml

蔵乃師魂のページへ